ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum Tokita & Baba, 1964

ムラサキウミコチョウ Sagaminopteron ornatum
Photographed by
祖開康彰
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(座間味島・安室島・嘉比島・安慶名敷島)> 唐馬No.2
Date
2013/08/08
Size
15mm
Depth
15.0m
Water temperature
29.5℃
分布:西太平洋、南太平洋

体地色は紫色から菫色。
頭楯後端の水管様突起と内臓嚢後部の突起は橙黄色になり縁の部分が白くなる。
尾の正中線上に白線の入るものも見られる。
側足を使い羽ばたくようにして遊泳する。
模式産地は相模湾。
学名読みはサガミノプテロン・オルナートゥム。
体長22mmに達するとされる。

和名は、Tokioka T. & Baba K. 1964 にて提唱された。
Tokioka T. & Baba K. 1964 Four new species and a new genus of the family Gastropteridae from Japan (Gastropoda : Opisthobranchia). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 12(3): 201-229
Tokioka T. & Baba K. 1964 Four new species and a new genus of the family Gastropteridae from Japan (Gastropoda : Opisthobranchia). Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 12(3): 201-229

References