アオサメハダウミウシ Rostanga sp. 4

アオサメハダウミウシ Rostanga sp. 4
Photographed by
Kenichi Matano
Location
日本>紀伊半島>南紀串本>備前
Date
2019/04/26
Size
25mm
Depth
14.0m
Water temperature
18.0℃

特徴

体地色は薄い赤紫色から青紫色。
背面全体が繊毛状の突起で覆われ、白色の網目模様が入る。
これはホストのカイメンへの擬態だと思われる。
触角の色は体地色と同じで、尖った先端は白い。
二次鰓の色も体地色と同じ。鰓孔は大きい。
体長20mmに達する。

分布

日本、パプアニューギニア

和名

高知県大月町樫西海域及び一切海域から記録された後鰓類にてムラサキアミメウミウシと提唱されたが、ウミウシガイドブック〈2〉ですでに和名が提唱されているため無効と思われる
ミナミヒョウモンウミウシは誤同定
References