カラスキセワタ Philinopsis speciosa Pease, 1860

カラスキセワタ Philinopsis speciosa
Photographed by
飯田 将洋(オアシス)
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>湾内
Date
2018/03/06
Size
20mm
Depth
22.0m
Water temperature
14.0℃

特徴

体地色は黒褐色だが稀に黄褐色のものも見られる。
背面には黄色や白色の途切れがちな縦線と斑紋が散在する。
白色の小班が密に入るものも見られる。
側足縁は青色や黄色の線で縁取られる。
頭楯後端は立ち上がる。
外套楯の後端はゆるく二叉し青色や黄色の線で縁取られる。
砂地に棲み、砂に潜る。
他の有殻後鰓類を食す。
35mmに達する。

分布

インド洋、西太平洋、中部太平洋、東太平洋

補足

は異名。
Philinopsis cyanea、カノコキセワタ Philinopsis gigliolii (Tapparrone –
Canefri, 1874) は異名。
References


Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacific