イバラウミウシ属の一種 10 Okenia sp.10

イバラウミウシ属の一種 10 Okenia sp.10
Photographed by
akihito iwakiri(oasis)
Location
日本>東伊豆>初島>フタツネ
Date
2018/05/30
Size
5mm
Depth
20.0m
Water temperature
19.0℃

特徴

体地色は半透明の白色。
背面は白色の細点が密に入る。
背面正中線上に1本の隆起線があり、その上部は鋸の歯のようにギザギザになる。
突起の先端は黄色くなる。
また、外套縁も盛り上がり、多数の突起を生じる。
頭部の外套縁は茶色く染まり、突起の先端は黄色くなる。
頭部と外套後端の突起は伸長する。
触角は白色で、後方にのみヒダ状突起がある。
二次鰓は半透明の白色。
10mmに達する。

分布

日本

補足

コトヒメウミウシのバリエーションとされていたが、別種とする。
References