アカフチリュウグウウミウシ Nembrotha kubaryana Bergh, 1877

分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は黒色。
体表には明るい緑色の縦線、若しくは斑紋が入る。この縦線と斑紋は盛り上がる。
口触手の縁、側足縁、尾の斑紋が朱色になる。緑色の縦線、若しくは斑紋が全て朱色になるものも見られる。
触角鞘の縁、褶葉は朱色。
二次鰓は暗緑色。軸の部分が明るい緑色になる。軸の先が朱色になるものも見られる。
Nembrotha nigerrima は異名。
120mmに達するとされる。

観察地:モーリシャス、オーストラリア、ソロモン諸島、パプアニューギニア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パラオ、グアム、日本、マーシャル諸島
Pola M., Cervera J. L. & Gosliner T. M. (2008) "Revision of the Indo-Pacific genus Nembrotha (Nudibranchia: Dorididae: Polyceridae), with description of two new species". Scientia Marina 72(1): 145-18
Pola M., Cervera J. L. & Gosliner T. M. (2008) "Revision of the Indo-Pacific genus Nembrotha (Nudibranchia: Dorididae: Polyceridae), with description of two new species". Scientia Marina 72(1): 145-18

References