ヒメメリベ Melibe papillosa (de Filippi, 1867)

ヒメメリベ Melibe papillosa
Photographed by
吉川芳輝
Location
日本>伊豆七島・小笠原>伊豆大島>秋の浜
Date
2021/03/21
Size
50mm
Depth
5.0m
Water temperature
17.0℃

特徴

体地色は淡黄色から茶褐色。
体表全体と背側突起に白色の小突起がある。
頭巾縁の触手が2列ある事で近似種と区別できる。
学名読みはメリベ・パピローサ。
メリベウミウシは異名。
体長40mmに達する。

分布

インドネシア、日本、フィリピン

補足

Melibe papillosa differs from these other two species in having two rows of papillae on the oral hood while M. bucephala and M. viridis have 3–5 and 2–5 rows, respectively. In M. papillosa, the posterior digestive gland enters only the first post cardiac cerata while in M. bucephala and M. viridis the digestive gland enters the first two ceratal rows.
とあり、ムカデメリベと写真で見分けるのは非常に困難。
References


ダイビングショップ ウミウシハンターズ 新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック) (日本語) Nudibranch & Sea Slug Identification - Indo-pacific