トゲミノウミウシ Limenandra confusa Carmona, Pola, Gosliner & Cervera, 2014

トゲミノウミウシ Limenandra confusa
Photographed by
nobuhiko Nobuhiko Kimoto [ 20mm 4.0m 2017/02/13 ]
Location
日本>沖縄>石垣島・八重山周辺>竹富南
分布:インド洋、南太平洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は緑色、褐色、黄緑色をおびた白色と変異に富む。
背面正中線上には白色の斑紋があり、その周囲を紫色と黄色の輪が囲む。
背側突起は細長い紡錘形。色は体地色と同じで、表面には白色の小突起が多数ある。
触角の後面には顆粒状突起が多数ある。色は体地色と同じで白色の斑紋が入る。
Limenandra nodosa リメナンドラ・ノドーサは大西洋産の種。
学名読みはリメナンドラ・コンフサ。
体長8mmに達する。

観察地:タンザニア、マダガスカル、オーストラリア、ニューカレドニア、パプアニューギニア、フィリピン、日本、マーシャル諸島、ハワイ
References