ゴマフビロードウミウシ Jorunna parva (Baba, 1938)

ゴマフビロードウミウシ Jorunna parva
Photographed by
ズー
Location
日本>房総半島>館山>沖ノ島
Date
2016/07/19
Size
20mm
Depth
0.5m
Water temperature
25.0℃

特徴

体地色は茶褐色からオレンジ色、若しくは白色。
背面は絨毯状突起で覆われる。この突起の一部が黒褐色になるが、黒褐色の入り方は変異が大きい。
触角は軸が透明で褶葉が黒褐色。
二次鰓は白色で、軸が黒色になるもの、鰓葉の縁が黒色になるもの、全体が黒色になるものがある。
体長20mmに達する。

分布

日本, フィリピン, タンザニア, パプアニューギニア, セーシェル

補足

タヌキ模様をJorunna pardusとする研究者もいるが生息域が著しく異なる。
Camacho-García Y.E. & Gosliner T.M. (2008). Systematic revision of Jorunna Bergh, 1876 (Nudibranchia: Discodorididae) with a morphological phylogenetic analysis. Journal of Molluscan Studies 74: 143-181
Camacho-García Y.E. & Gosliner T.M. (2008). Systematic revision of Jorunna Bergh, 1876 (Nudibranchia: Discodorididae) with a morphological phylogenetic analysis. Journal of Molluscan Studies 74: 143-181

References