コヤナギウミウシ属の一種 6 Janolus sp. 6

コヤナギウミウシ属の一種 6 Janolus sp. 6
Photographed by
徳島 功一
Location
日本>三重>九鬼>小坊主
Date
2022/06/04
Size
3mm
Depth
13.0m
Water temperature
21.0℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は半透明の黄白色。
背側突起は大きく丸く膨らむ。
背面中央部にある背側突起は、表面に黄白色の瘤状突起がある。また、褐色の線状班が不規則に入る。
触角の軸には小突起が散在する。先端のやや下側にコブ状の膨らみがあり、先端は乳頭状に尖る。
8mm程度。

観察地:日本
References