ホシゾラウミウシ Hypselodoris infucata (Rüppell & Leuckart, 1830)

ホシゾラウミウシ Hypselodoris infucata
Photographed by
n_atsukiii
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>崎本部ゴリラチョップ
Date
2020/12/19
Size
30mm
Depth
8.0m
Water temperature
23.0℃
分布:インド洋、西太平洋、南太平洋、中部太平洋

体地色は暗青色から暗紫色。
背面には黄色斑や黒色斑が散在する。
触角は赤色。
二次鰓は白色で軸が赤色になる。
薄紫色のカイメン Dysidea sp.を食す。
学名読みはヒュプセロドーリス・インフカータ。
シモフリイロウミウシは異名。
体長50mmに達する。

観察地:南アフリカ、マダガスカル、紅海、モルディブ、マレーシア、ベトナム、オーストラリア、ニューカレドニア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、日本、ハワイ
References


ダイビングショップ ウミウシハンターズ