キヌハダウミウシ属の一種 6 Gymnodoris sp. 6

キヌハダウミウシ属の一種 6 Gymnodoris sp. 6
Photographed by
石川雅教
Location
日本>沖縄>慶良間諸島(座間味島・安室島・嘉比島・安慶名敷島)>大曽根
Date
2009/04/21
Size
15mm
Depth
12.0m
Water temperature
22.0℃
分布:紅海、西太平洋、中部太平洋

体地色は半透明の白色。
背面には白色の低い突起がある。
また、その突起を避けるように橙赤色の縦線が入る。
頭部前縁は橙赤色の線で縁取られる。
触角間には白色の領域がある。
触角の色は体地色と同じで、褶葉の前方に橙赤色の縦線が入る。
二次鰓は三日月状。色は体地色と同じで、先端が僅かに橙色に染まる。
キヌハダウミウシ属の一種4に似るが、橙赤色の線と二次鰓の形状で区別できる。
体長15mmに達する。

観察地:紅海、マレーシア、フィリピン、日本、マーシャル諸島
References


 style="