キヌハダウミウシ属の一種 12 Gymnodoris sp.12

キヌハダウミウシ属の一種 12 Gymnodoris sp.12
Photographed by
黒田貴司
Location
日本>沖縄>本島北部(大浦湾)>二見
Date
2016/01/22
Size
10mm
Depth
3.0m
Water temperature
20.0℃
分布:インドネシアと日本からのみ知られる

体地色は半透明の白色で内臓嚢が透けて見える。
二次鰓は目視では確認する事ができない。
触角は三角錐状。基部を黒色の輪が囲む。
触角の色は黒ずむが、半透明の白色のものも見られる。
キメの細かい砂地に棲息する。
体長12mmに達する。

観察地:インドネシア、日本


 style="