コトヒメウミウシ属の一種 9 Goniodoridella sp. 9

コトヒメウミウシ属の一種 9 Goniodoridella sp. 9
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>一本松
Date
2013/01/18
Size
8mm
Depth
15.0m
Water temperature
??℃
分布:日本からのみ知られる

体地色は半透明の褐色。
背面はほぼ全体が白色になる。
触角の横とその後方に白色の太い突起がある。
外套の後方にも2本の突起がある。
この突起の基部には褐色の輪があり、その先に橙黄色の色帯があり、先端は半透明の白色になる。
触角と口触手は平滑。色は半透明の褐色。
頭部は褐色を帯びる。
体の形からコウライニンジンウミウシの愛称で呼ばれている。
10mm程度。

観察地:日本


 style="