ヒメコモンウミウシ Goniobranchus rufomaculatus (Pease, 1871)

ヒメコモンウミウシ Goniobranchus rufomaculatus
Photographed by
MANATEE
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>ナズマド
Date
2019/06/14
Size
12mm
Depth
6.0m
Water temperature
24.0℃
分布:西太平洋、南太平洋

体地色は白色。
外套膜最外周には青色から紫色の輪郭のぼやけた斑紋が並ぶ。
外套膜最外周以外の領域には半透明のシミ状の斑紋が入る。また、全体に黄色の細点が散在する。
触角は軸が半透明の白色。褶葉は赤紫色から暗褐色で褶葉縁が白くなる。
二次鰓は半透明の白色で軸や葉脈が白くなる。
コモンウミウシに似るが、二次鰓の色で区別できる。
50mmに達する。

観察地:オーストラリア、パプアニューギニア、フィリピン、日本、マーシャル諸島、タヒチ