シロウミウシ Goniobranchus orientalis (Rudman, 1983)

シロウミウシ Goniobranchus orientalis
Photographed by
ayanon
Location
日本>佐賀>唐津>長崎鼻
Date
2016/07/07
Size
??mm
Depth
??m
Water temperature
??℃
分布:西太平洋

体地色は白磁色。
外套膜最外周は黄色で縁取られ、その内側は白色の色帯がある。
白磁色の領域には黒色の円班が散在するが、円班が乱れるものも見られる。
触角は軸が半透明の白色で褶葉部が黄色。
二次鰓は白磁色で軸の外側が黄色。軸の内側が黒くなるものも見られる。
70mmに達する。

観察地:香港、台湾、韓国、日本
References