キャラメルウミウシ Glossodoris rufomarginata (Bergh, 1890)

キャラメルウミウシ Glossodoris rufomarginata
Photographed by
森 瑞紀
Location
日本>西伊豆>田子・浮島・堂ヶ島>三ノ浦
Date
2019/03/09
Size
11mm
Depth
6.0m
Water temperature
17.0℃
分布:インド洋、西太平洋、南太平洋

体地色は白色で背面には赤褐色の細点が密に入る。
外套膜最外周は赤褐色で、その内側には白色帯がある。
触角は赤褐色で前後に白色の縦線が入る。二次鰓も褐色で軸の部分が白くなる。
外套膜周縁部はゆるやかに波打つ。二次鰓を細かく震わせる動作が見られる。
50mmに達する。

観察地:タンザニア、アルダブラ環礁、ミヤンマー、マレーシア、オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、フィリピン、ソロモン諸島、韓国、台湾、日本、ハワイ、ソシエテ諸島
References