トモエミノウミウシ Favorinus pacificus Baba, 1937

トモエミノウミウシ Favorinus pacificus
Photographed by
bighit2000 Manabu Kakegawa
Location
日本>西伊豆>大瀬崎>門下
Date
2018/05/14
Size
10mm
Depth
12.0m
Water temperature
17.0℃
分布:西太平洋

体地色は半透明の白色から黄白色。
背側突起は透明で、黄色の中腸腺が透けて見える。
突起の先端は白色で、その下に紫色の色帯がある。
触角は平滑で長い。色は半透明の褐色で先端付近が白色になる。
口触手は平滑で長い。色は体地色と同じで、白色の縦線が入る。
パスタチゴウミウシに似るが、触角に褶葉がない事で区別できる。
10mmに達する。

観察地:韓国、日本


Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacific