アカツブイロウミウシ Diversidoris aurantionodulosa Rudman, 1987

アカツブイロウミウシ Diversidoris aurantionodulosa
Photographed by
荒井 透
Location
日本>沖縄>本島北部(伊江島・水納島・瀬底島)>辺戸岬
Date
2015/10/22
Size
12mm
Depth
15.0m
Water temperature
27.0℃
分布:インド洋、西太平洋

体地色は白色。背面には小さな突起が散在する。この突起は先端が朱色になるものも見られる。
外套膜周縁は波打ち最外周がオレンジ色で縁取られる。
触角は下半分が白色で、上半分が朱色になる。二次鰓も先端が朱色になる。
ピンクのカイメンを食べる。20mmに達する。
学名読みはディヴェルシドーリス・アウランティオノデュローサ

観察地:南アフリカ、タンザニア、オーストラリア、香港、日本
References