アオセンミノウミウシ Cuthona sp. 1

分布:インド洋、西太平洋

体地色は青味を帯びた黄色。
背側突起は紡錘型で、2つの黄色の輪の間に青色の斑紋がある。
触角は平滑で長い。半分から先が白色で、半分から根元側にかけて赤色。この赤色の部分に白色の斑紋が入るものも見られる。
触角基部の外側に目が見える。8mmに達する。

観察地:タンザニア、オーストラリア、パプアニューギニア、フィリピン、グアム、日本
References