キツネアワツブガイ Colpodaspis sp. 1

キツネアワツブガイ Colpodaspis sp. 1
Photographed by
Nobuhiko Kimoto
Location
インドネシア>バリ島>トランバン>沈船ポイント(リバティー)
Date
2017/06/20
Size
8mm
Depth
20.0m
Water temperature
29.0℃
分布:西太平洋

貝殻は内在性。
貝殻を覆う軟体部は褐色から黒褐色で白色の細点が密に入る。更に、その上からやや大きめの白色の斑模様が不規則に入る。
内臓嚢後端の突起は中央より右後から出ており先が尖る。色は半透明の白色。
頭部の突起は先が二叉し、上面が黄色から褐色で周縁は暗褐色。下面は半透明の白色。突起の付け根部分に眼がある。
尾は半透明の暗褐色で正中線上に白色の縦線が入る。
跳ねるようにして移動する。
殻長2mmに達する。

観察地:日本
References


 style="