ヒブサミノウミウシ Caloria indica (Bergh, 1896)

ヒブサミノウミウシ Caloria indica
Photographed by
KIMOTO Nobuhiko
Location
日本>伊豆七島・小笠原>八丈島>乙千代ヶ浜
Date
2018/05/16
Size
3mm
Depth
13.0m
Water temperature
23.0℃
分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋

体地色は半透明の白色。
通常は頭部が朱色を帯びるが、背面全体が朱色になるものも見られる。
口触手の基部から触角間を通り背面に至る白色の縦線があるとされるが、途中で途切れたり、これを欠くものも見られる。
背側突起は根元から赤色、青色、黄白色、白色となる。
触角と口触手は平滑で中ほどに赤色の色帯があり、その先は黄白色になる。
30mmに達する。

観察地:南アフリカ、タンザニア、アルダブラ環礁、オマーン、クリスマス島、オーストラリア、ニューカレドニア、フィジー、ソロモン諸島、パプアニューギニア、マレーシア、インドネシア、フィリピン、香港、日本、ハワイ
References