アマクサウミウシ Actinocyclus papillatus (Bergh, 1878)

アマクサウミウシ Actinocyclus papillatus
Photographed by
Kazutaka Takei
Location
日本>北陸>越前
Date
2017/08/14
Size
200mm
Depth
9.0m
Water temperature
27.0℃
分布:西太平洋

体地色は茶褐色、赤褐色、灰色と様々で、これらが斑状に混ざり合う。
背面には大小のイボ状突起があり、突起の先端は黒ずむ。
また、背面に白色の細点が散在するものも見られる。
触角の色は体地色と同じ。
二次鰓は球形で大きく、側面に白色の細点を生じるものも見られる。
50mmに達する。

観察地:パプアニューギニア、フィリピン、日本
References


 
ダイビングショップ ウミウシハンターズ 新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き (ネイチャーウォッチングガイドブック) (日本語) Nudibranch & Sea Slug Identification - Indo-pacific